マーク

マイナンバー対策ルームへようこそ

2016年より施行されているマイナンバー制度ですが
この制度により、水商売や風俗業界で働く女性たちが働きにくくなるという噂が流れています。
しかし、いったい何が問題なのか、どうして働きにくくなるのか、あんまりわかっていない人の方が多いのではないでしょうか。
 当サイトは、キャバクラやラウンジなどの水商売や風俗業界で働く女性たちの
マイナンバーに対する疑問や悩みなど解決し、明るく楽しくお仕事できるようサポートしていくサイトです。

女性

キャバ嬢や風俗嬢が懸念していること

キャバ嬢や風俗嬢の仕事を本業としてる女の子が、マイナンバー制度が始まり一番気にしている問題は税金面についてです。キャバクラやクラブなどは、一般の会社と違い、所得税や住民税などをお給料から天引きしていませんので、本来ならば、年に1回自分自身で確定申告をし、税金を納めなければなりません。しかし、これ
までは、確定申告をしているキャバ嬢・風俗嬢は少なく、そもそも確定申告が何なのかすら知らないっといった女の子もたくさんいます。これまでは、役所も申告していない人の特定が難しかったようですが、マイナンバー制度の導入により、納税していないキャバ嬢、風俗嬢の特定がし易くなり、きちんと申告して納税していないと、大変なことになってしまうのです。

女性

副業しているキャバ嬢たちが懸念していること

今、キャバ嬢や風俗嬢の間では、漠然とマイナンバー制度が始まるとダブルワーク (副業)していることが会社や家族にバレてしまうという噂が囁かれていて
マイナンバー制度が導入された今、副業を辞めたり辞めようと思っているキャバ嬢は全体の3割ほどにもなるそうです。キャバクラやラウンジ、風俗店などで働く女の子の8割近くが副業として働いているので、やはり、昼間働いている会社にバレたりするのは絶対イヤなのだとか。また、女子大生などが働親に内緒でアルバイトしているケースも多く、親にバレて怒られる前に辞めなきゃと思っている子もたくさんいるようです。しかし、副業をしてる人中には、何か事情があってお金が必要で副業をしている人もいて、辞めたくても辞めれない人がいるのも事実なのです。

マーク

マイナンバー制度に伴う副業離れが招く
いろいろな問題

まず水商売や風俗業などで副業している人の場合マイナンバー制度が
導入されることで個人が特定され会社にバレたり家族にバレたりするのを恐れ
辞めてしまった人が多く2016年以降、キャバ嬢やホステスの数が急激に
減ってきました。一部のキャバクラやクラブでは人手が足りず
困っているところもあるようです。この副業離れによるキャバクラ業界の
経済損失は年間約970億円以上になるとも言われています。
また、副業はキャバ嬢や風俗嬢などの業界に限った話ではなくメインの仕事以外で
アフェリエイトや、オークション、ネット通販、投資、各種代行業などこっそり
副業している人は約275万人以上ともいわれていて、こういった人たちが
税金のことや会社の就業規則のことを考え、副業から離れてしまうとすると
日本全体の経済損失はとてつもない額になると予想できるのです。

女性
マーク

キャバクラや風俗の副業は
本当に辞めなくちゃいけないの?

マイナンバー制度は始まったばかりで、現在はまだ制度自体が整っておらず
その機能を完全にはたしているかというと、そうではないように思われます。
しかし、今後、水商売や風俗業に従事する者たちにどういった影響が出てくるかは
まったくわからないのです。しかしできることなら会社や家族にバレないように
副業を続けたいですよね。それに、金銭的な問題で副業を辞められない人も
いるかと思います。キャバ嬢や風俗嬢を続けるにあたって、するべき対策などは
後ろのページで詳しく述べてきますがひとつ言えるのはそういったマイナンバー対策やアリバイ対策をきちんとしているお店で働くということ! お店のことだけでなく、ちゃんと働く女の子のことも考えている店舗で働くことが
今後とっても重要なことになってくるでしょう。

女性
注意事項
マーク

マイナンバー対策ルームへようこそ

2016年より施行されているマイナンバー制度ですがこの制度により、水商売や風俗業界で働く女性たちが働きにくくなるという噂が流れています。
しかし、いったい何が問題なのか、どうして働きにくくなるのか、あんまりわかっていない人の方が多いのではないでしょうか。  当サイトは、キャバクラやラウンジなどの水商売や風俗業界で働く女性たちの マイナンバーに対する疑問や悩みなど解決し、明るく楽しくお仕事できるようサポートしていくサイトです。

女性

キャバ嬢や風俗嬢が懸念していること

キャバ嬢や風俗嬢の仕事を本業としてる女の子が、マイナンバー制度が始まり一番気にしている問題は税金面についてです。キャバクラやクラブなどは、一般の会社と違い、所得税や住民税などをお給料から天引きしていませんので、本来ならば、年に1回自分自身で確定申告をし、税金を納めなければなりません。しかし、これ
までは、確定申告をしているキャバ嬢・風俗嬢は少なく、そもそも確定申告が何なのかすら知らないっといった女の子もたくさんいます。これまでは、役所も申告していない人の特定が難しかったようですが、マイナンバー制度の導入により、納税していないキャバ嬢、風俗嬢の特定がし易くなり、きちんと申告して納税していないと、大変なことになってしまうのです。

女性

副業しているキャバ嬢たちが懸念していること

今、キャバ嬢や風俗嬢の間では、漠然とマイナンバー制度が始まるとダブルワーク (副業)していることが会社や家族にバレてしまうという噂が囁かれていて マイナンバー制度が導入された今、副業を辞めたり辞めようと思っているキャバ嬢は全体の3割ほどにもなるそうです。キャバクラやラウンジ、風俗店などで働く女の子の8割近くが副業として働いているので、やはり、昼間働いている会社にバレたりするのは絶対イヤなのだとか。また、女子大生などが働親に内緒でアルバイトしているケースも多く、親にバレて怒られる前に辞めなきゃと思っている子もたくさんいるようです。しかし、副業をしてる人中には、何か事情があってお金が必要で副業をしている人もいて、辞めたくても辞めれない人がいるのも事実なのです。

マーク

マイナンバー制度に伴う副業離れが招く
いろいろな問題

まず水商売や風俗業などで副業している人の場合マイナンバー制度が 導入されることで個人が特定され会社にバレたり家族にバレたりするのを恐れ 辞めてしまった人が多く2016年以降、キャバ嬢やホステスの数が急激に 減ってきました。一部のキャバクラやクラブでは人手が足りず 困っているところもあるようです。
この副業離れによるキャバクラ業界の 経済損失は年間約970億円以上になるとも言われています。 また、副業はキャバ嬢や風俗嬢などの業界に限った話ではなくメインの仕事以外で アフェリエイトや、オークション、ネット通販、投資、各種代行業などこっそり 副業している人は約275万人以上ともいわれていて、こういった人たちが 税金のことや会社の就業規則のことを考え、副業から離れてしまうとすると 日本全体の経済損失はとてつもない額になると予想できるのです。

女性
マーク

キャバクラや風俗の副業は
本当に辞めなくちゃいけないの?

マイナンバー制度は始まったばかりで、現在はまだ制度自体が整っておらず その機能を完全にはたしているかというと、そうではないように思われます。
しかし、今後、水商売や風俗業に従事する者たちにどういった影響が出てくるかは まったくわからないのです。しかしできることなら会社や家族にバレないように 副業を続けたいですよね。それに、金銭的な問題で副業を辞められない人も いるかと思います。キャバ嬢や風俗嬢を続けるにあたって、するべき対策などは 後ろのページで詳しく述べてきますがひとつ言えるのはそういったマイナンバー対策やアリバイ対策をきちんとしているお店で働くということ!
お店のことだけでなく、ちゃんと働く女の子のことも考えている店舗で働くことが 今後とっても重要なことになってくるでしょう。

女性
注意事項
マイナンバーが始まっても副業はできる キャバクラ嬢の仕事がこの先もできますように。 2015年10月から国民に通知され始めているマイナンバー。テレビや新聞、ネットなどで制度の仕組みなどについて説明や解説がされているけれど、私にはマイナンバーで懸念していることがある。それは、現在副業でしているキャバクラ嬢の仕事が、本業の会社にバレないのかどうかということ。キャバクラ嬢の仕事をしたのは、遊ぶお金が欲しいという単純な理由からだったんだけど、普通の仕事とは違って水商売ということもあり、本業の会社には全く報告せずにこれまでやってきた。幸いにもこれまで会社の人から何か質問を受けるようなことはなかったけれど、マイナンバーを使用することで税金の情報がすべて筒抜けになると知ってから、正直不安でいっぱい。でも、ネットで少し調べたら確定申告の仕方を工夫することで、バレない対策をすることができるみたい。税金についてはなんとなくの知識でこれまでやってきたら詳しくはわからないけど、結果的に本業の会社にバレなければいいな。って、こんなこと書いていてあれだけど、思えば副業禁止なのかどうかすらちゃんと聞いたことなかったな。前に上司から副業はダメみたいなことを言われた気はするけど、ちょっとあやふや。副業をしているのがバレないようにする対策がないかどうかについては、今キャバクラ店の店長も色々探してくれているようだけど、副業がバレたとしても水商売っていうことがバレなければいいかもしれない。会社の名前だけでお店のことがわかるわけじゃないし。どちらにしても、今は店長が頼み。できることならこのままキャバクラ嬢の仕事は続けていきたいから、良い方法が早く見つかりますように。